総合理工学府環境エネルギー工学専攻 青木・安養寺研ホームページ   

青木・安養寺研ホームページへようこそ

九州大学大学院総合理工学府 環境エネルギー工学専攻 流動熱工学講座 青木・安養寺研究室のホームページです。 当研究室では空力音響計測技術、光学可視化計測技術などを用いて超音速流体現象をベースとした様々な流体現象の解明に取り組んでいます.詳しくは研究紹介をご覧下さい.

更新情報・お知らせ

2017年度日本機械学会年次大会にて安養寺准教授が研究発表を行いましたNEW
岐阜県高山市のFlesh Labにて安養寺准教授が講演を行いましたNEW
H29総理工高大連携プログラムにて福岡高校の学生4名が火星飛行機の空力研究に関する実験を体験しましたNEW
高岡大樹(M1)と安養寺准教授がJAXA宇宙科学研究所の超音速・遷音速風洞を用いた実験(JAXA-九州大-東北大共同研究)を実施しました
31th International Symposium on Space Technology and Scienceにて安養寺准教授が研究発表を行いました
第48回日本航空宇宙学会年会講演会にて安養寺准教授が研究発表を行いました
安養寺助教が准教授に昇任しました
卒業式にて今林浩平君(M2)が専攻賞を受賞しました
安養寺助教が財団法人 宇宙科学振興会より第9回宇宙科学研究奨励賞を受賞しました。
宇宙科学振興会HP
日本機械学会九州学生会 第48回学生員卒業研究発表講演会にて濱田大生と高岡大樹が研究発表を行い、高岡くんが優秀講演賞を受賞しました。
JAXA宇宙科学研究所で開催された第64回宇宙科学談話会にて安養寺助教が講演を行いました。講演タイトル:相似法則に基づく火星大気飛行への流体力学的挑戦と課題
第54回飛行機シンポジウムにて安養寺助教と涌井翔太郎(M1)が研究発表を行いました。
6th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science 2016 (Guilin,China)にて安養寺助教が研究発表を行いました。
日本機械学会年次大会2016(九州大学)にて今村彰(M2)、田原一成(M2)、岡 尭志(D2)が研究発表を行いました。
安養寺助教と今村彰(M2)がJAXA宇宙科学研究所にて超音速・遷音速風洞で蛍光油膜を用いた実験を実施しました。
安養寺助教がJAXAと共同で実施した火星探査航空機の高高度飛行実証試験に参加しました。詳細はこちらをご覧下さい。
2016年3月末日をもって半田太郎 准教授が豊田工業大学へ転任されました
卒業式にて木原祐介君(M2)が専攻賞を受賞しました
学部3年向け「課題集約演習」にて当研究室の学生グループが最優秀発表賞を受賞しました
2014年3月末日をもって近藤信昭技官がご退職されました
卒業式にて田北侑己君(M2)が専攻賞を受賞しました

↑ PAGE TOP